トップページ
研修会のお知らせ
入会案内

一般社団法人CEABAとは

 近年、企業や個人による国境を越えた経済行動が複雑・多様化しており、 国際税務が非常に注目されています。特に、各国の税制の違いを巧みに利用して 税負担を極端に軽減するという国際的な租税回避行為が大きな問題となっています。 このような問題に対応すべく、OECD加盟国を中心とした先進主要国は「BEPSプロジェクト」を立ち上げ、行き過ぎた租税回避行為に対抗するためのBEPS行動計画を公表しました。 先進主要国はこの行動計画に沿う形で国際法を整備していくことになります。日本もこのような流れに沿って税制改正が行われていくことになります。
 現在は、大企業のみならず中小企業までもが積極的に海外進出を行っている時代です。 「クールジャパン」という名目で政府も中小企業の海外進出を後押ししています。 実際、海外取引に係る税務問題が多数生じているため、海外進出を行っている企業の経営者が顧問税理士に対して 海外取引に係る税務問題を相談するケースが増えています。税理士にとって海外取引や国際税務は避けては通れない道になりつつあります。
 このような状況のもと、「海外取引や国際税務に係る知識を深く勉強したいが、 中々そのような研修会が開催されない」との要望を多数耳にしました。そこで、 税理士の研鑽および資質の向上を図ることを目的とし、海外取引・国際税務を中心とした研修会を開催する団体を設立するに至りました。

お知らせ

・ 平成30年 6月18日(月)13時30分より、第12回研修会 「アジア・アセアン各国の税制について〜各国の税務調査の最新動向を中心として〜」を大阪産業創造館にて開催します。
→【18/6/18更新】大阪北部地震のため、交通機関が一部停止しており、本日(6/18)の研修会は「中止」とさせて頂きます。

お問い合わせ先

一般社団法人 CEABA

〒520-0244
滋賀県大津市衣川二丁目24番15号

TEL:06-6271-4777
FAX:06-7635-7111
E-mail:info@ceaba.jp